FC2ブログ

碌でなしの恋

絵、レビュー、同人サークル「ザクロフィリア」の活動情報について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GUNSLINGERGIRL14巻

一巻を読んだ時はまさかこんな展開になるとは思いもしませんでした。
追記より感想を書いていきます。


栞はトリエラでした。
トリエラが一番好きなので一発で当たって非常に満足してます。
でも全員分の画像見てみるとアンジェがすこぶる可愛かった。

表紙‐帯と合わせて盛大にネタバレですね!
なんか、この表紙の通りの内容だった。

口絵‐相変わらず口絵=死亡フラグの法則は絶好調ですね!

キャラクター紹介にでかく載るトリエラ‐あ、これ絶対死んだな(感想)

・救い

トリエラ見ちゃった後だと銃創ぐらいなんてことないように見えますが、
本人曰く助からないそうです。

「悪くない…」‐「本望だ…」じゃなくて良かった。
ここで本望とか言っちゃうと本当にエンリカの立場がなくなりますね。

過去回想‐絵柄変わったなあ…
当時の絵柄の方がヘンリエッタがヤンデレっぽく見える。

ジョゼッタ心中‐一応主人公格のはずなのに真っ先に死んだだ…と……!?
1巻読んだ時点でこの二人はこういう死に方するだろうな、とは思いましたが
まさかこんな初っ端から……
萌え的にはお互いに撃ち合うこの死に方がベストですが、
ストーリー的にはジョゼの死後にエッタが自殺した方が良かったな、など。
正直ロリコンじゃなくてもちょっとこのジョゼ羨ましいよね。
しかし、義体の眼球は強化されてるっぽいけどエッタちんはちゃんと死ぬのだろうか。
トリエラの時は鍵で目潰されただけだったけど。
銃なら大丈夫か……?
とりあえずエッタちんが幸せそうで良かった。

・過去との邂逅

前々から絶対百合テッロいるだろうなーとは思ってましたが、
なんとキタロー(仮/名前はフレッチャ?)のとこでした。
百合ktkr
一期生なら絶対「お姉様」って呼んでただろうに……
絶対そばかすちゃん(ソニー?)のとこだと思ってた。
そもそも、キタローとマルコーがフラテッロだと思ってたしな。

とか言ってたらあっさり水責めに遭いましたね!
マルコーさんってなんでいつもこんなに運が無いんだろう…

気付いてたサンドロ‐ペトラ=ロシアのバレリーナはともかく、
エリザヴェータだと特定した根拠は何なんだろう。
あの病院のシーンではエリザがバレエを続けられない事までは推測出来ていなかっただろうし。
特定した訳ではなくて、ただ単にエリザと重ね合わせてるだけかもしれないけど。

・エリニュエス(1~3)

友人のショタ紳士さんの感想
「リコがバーロー並みに銃弾に当たらない」

この期に及んでちょっとした傷で済んでいるリコたんマジリコたん。

ジャコモは本気でただの喧嘩好きのおっさんでしたね。
それが人間の姿だと言われてもジャコモだけが喧嘩好きとしか…
本当はもっときちんとした意図があるのでしょうけど。

過去回想入りまーす‐「お前は俺の復讐の道具だ」ではなく「復讐に協力しろ」なんですね。
やっぱりジャンは自分を納得させるために意識的にリコを道具として扱おうとしていた、
ということですよね。
かなり初期の方からさりげなく示唆されてはいましたが、
ここにきて描写が一段と直接的になった気がします。
素体時の記憶を残しているのを踏まえての「協力しろ」か……

リコ無双‐いつも後方援護か運送ばっかりでたまに最前に立ったかと思うと
民間人と馴れ合ったり銃を隠さずうろついちゃったりお喋りに夢中になって擁護対象に怪我させたりと
どちらかと言うとアレな子だったリコがなんかめっちゃ強いぞ!
追い詰められると実力を出せるタイプか…?
このリコならピノッキオ(ガンスリ界最強)倒せそう。
しかも余裕で倒せそう。

「どうにかあいつを……!!」‐戦闘に際して彼女がこんな風に感情をむき出しにするのは
かなり珍しいのではないでしょうか。
戦闘中に限らずとも、心情をはっきりと描かれているシーンは結構少ないと思う。
なにげない言動から読み取れる事はあったとしても。
と言うか、他の子の心理描写が多すぎのような気もします。

盾にされるジャン‐ジャコモは義体の弱点を本当によく知ってんのな。
一人ぐらい攫われてて実験体にされてるんじゃないだろうか……
リコの左腕、撃たれてるんですよね…?
なんか後のコマを見るとなんともなさそうなんですが。

「ありがとう」‐ジャンはリコをやっぱり道具とは見ていなかったようですね。
この二人にのみ焦点を当てて一巻から読み返すとすごく感慨深い台詞だと思います。
この巻だけ読んでると色んな人が死にすぎててそれどころではない。
ただ、ジャンはほんっとうに腑抜けたなあ…とは思いますが。
脇腹抉られてるしほっといても死にそうだけど死亡を確認する前に「仇を討ったよ…」は
ちょっと甘すぎる。
重傷の怪我人に無茶言うなって話ですが。
それに合わせて、言葉遣いもやわらかくなっていますね。
リコに優しく話しかけるジャンはいつか見たかったけどこんな形になるとは……
まあ、ジャン山ひどいツンデレ患ってるから今際の時じゃないと言いそうにないけど。
そういう意味では生存フラグっぽいですね。

「私のために生きて」‐一巻の「担当官のために義体はいる」発言が
完全にブーメランになってますね!
この発言と合わせて見るとやっぱり生存フラグっぽいけど、正直微妙だなあ……
出来たらこの二人にだけは生還して仲良く暮らしてほしいですね。
リコは長生きしそうだし。
ジャンが死んだとしたらリコも記憶を消されそうですが、それだけはやめてほしい。

・橋上のホラティウス1、2

損害が大きく‐トリエラちゃんの犯行でしょうか。
目に怪我してる奴いるしな。
でも、こいつらが生きてるってことはヒルトリはもう……

あっ!‐エマたんはどこまで萌えキャラになれば気が済むのでしょうか。
ツンデレでドジっ子とかもうね……
しかも殺さず交渉の材料(の一つ)にされるなんてヒロインもかくやです。
ガンスリ1の萌えキャラ=エマたん

サンドロ対アシク‐名シーンktkr
少女が蚊帳の外な上に今巻では沢山死んだり印象的なシーンがやたら多かったりして
あまり目立たないかもしれないけれど、今巻一押しの名シーンだと思います。
すぐにドンパチに持っていく両陣営の中でもどちらかと言うと力でどうこうするタイプではない二人が
こういう形で対決するなんて…!
対決と言うには一方的な感じなんだけど。
サンドロが圧倒的に優位だったけれど、アシクの優秀さも表れていてすごく良い場面だったな、と思います。
アシクとエマたん(萌)は最終的にはくっつくのかしらね。

「彼女は死んじまった」‐死んでから出逢ったんだけどね。

検事への手紙‐この詩について全く知らないので、一度調べてから後日加筆するかもしれません。
前に託された鍵は金庫とかそういうのの鍵だったみたいですね。
ロベルタは事実を知っても告発とかはしなさそうですが…
したらしたで生き残ってた義体に消される……

ラストのヒルトリ‐うわああああああああああああ
これ、えっ?
死ん…でる………?
トリエラの頭の傷は13巻でかすってたやつだろうけど、
アシクに連絡とってた奴がトリエラと戦ってたっぽいのが引っ掛かる。
思いの外味方がやられたから退避したとかならいいけど、
普通はあんな手負いの二人組なら倒せるまで戦うよなあ……
手足捥ぎれてるのにやたら強いトリエラが怖かったならともかく。
私ならトリエラが怖すぎるので武器を捨てて逃げますが。
あんなんと遭遇したら軽くトラウマになると思います。
ヒルシャー別にそんな大怪我してなさそうだしトリエラ義体だから大丈夫そうではあるけど。
アンジェの死因も薬の投与量だったみたいだし。
でも、シルヴィアは結構あっさり死んでたからなあ……
左手足が千切れてもあんだけ元気に動けたら大丈夫じゃね?と思いたい。

・エリニュエス(4)

ついに公社の技術の全てをつぎ込んだ最強義体クラエスが動くか……!?
そして、この期に及んで傷一つなかったペトラについに死亡フラグが。

またしても回想‐なんか回想多いなあ(ぎゃっ
ジュリアのエンリカへの劣等感は、
エンリカを大切に思っていながらも疎んじていた兄二人と通じるものがあると思う。

ジュリアは結局、ジャコモを殺したのかなあ。
「エンリカ…ごめん!」は「(あんなこと言って)ごめん」なのか
はたまた「(殺せなくて)ごめん」なのか。
最後のコマでジャコモ息してるみたいだし後者かなあ……
でも硝煙に見えなくもないような。
と思ってたら、某所でも同じ事を書かれている方がいましたね。
どうも、ジャコモ生きてるみたい。
ジャンさんデレ損。
もしジャンがお亡くなりになった場合、
ジャコモが生きていて生き残ったメンバー対ジャコモで「公社の戦いはまだまだ続く!」的な
最終回だけはジャンさんがあまりにも可哀相なのでそれだけはないといいな…
ジャンが生きているならそれもアリだけど。


そろそろ指がかじかんできたのでこの辺で締めます。
橋上のホラティウスについてはまた調べてみて、もし何かあれば加筆しますね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dkdmp.blog55.fc2.com/tb.php/84-ddd50c2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。